投稿

2015の投稿を表示しています

キリスト教とイスラム教の劇的な和解 JBpress引用

キリスト教とイスラム教の劇的な和解を演出する 実力ある日本が21世紀に果たすべきミッション | JBpress(日本ビジネスプレス) http://buff.ly/1J5HzDH
もちろん、ここに答えを準備しているわけではありません。しかし、テロを含めて動き始めてしまった21世紀の第2ディケードのグローバル社会で、キリスト教、イスラム教など一神教の対立をほぼ唯一免れている東アジア先進圏が未来に向けて果たすべき役割が間違いなくあるはずです。
 単にトレンドと言うのみならず、世界史的に必然の役割をもって、日本の社会経済がグローバル社会で建設的に発展していくことを、聖夜に祈らずにいられません。
 日本では12月24~25日を過ぎるとクリスマスは賞味期限切れで、年末商戦からお正月と模様替えしてしまいますが、本来の降誕節は日曜から土曜までの 週単位で、幾週にもわたって救済を待ち望み期待していくもの(「アドベント」と言います)です。
 幾週どころか、幾年もかかることは間違いない。でも、一神教文明の衝突を和解させる絵柄を日本が描き、グローバル社会で演出していくことは、間違いなく可能なシナリオの1つです。

あなたのメガネから見える景色は何色ですか?画像は衝撃的だが見方を変えることも出来る。

あなたは自分の目で見た景色にどのような色を添えるだろう。
見た景色、読んだ文献、それらを全てどのように読み解くだろう。

世界を明るくするのも
世界を暗くするのも

どちらもあなたの目が創りだすものだ。
目を閉じて見つめなさい。

イスラム教徒を全て悪だと非難する声に反対するため、マロイ氏は続けて次のような文章を綴った。

「乗ってくれてありがとう」イスラム教徒のタクシードライバーが涙を流したわけ http://buff.ly/1l46zA4

「イスラム教徒を問題視するのをやめましょう。彼らは問題を起こす人ではありません。不当な苦しみを受けていると感じていて、日々の暮らしに怯えています。私たちと彼らはきょうだいです。見た目は違っても同じ人間です。尊敬や配慮を受けるに値する存在なのです。彼らは私たちの保護を必要としています。この美しい人たちを敵視するのはやめましょう。彼らは敵ではないのですから」

宗教の共通点を探す旅をしてみました。

宗教の共通点を探す旅 ~in インターネット~ - NAVER まとめ http://buff.ly/1EF5q9G

インターネット検索を利用して
「宗教の共通点」を探します。

Google検索のTOPページだけで、かなり面白い結果を見ることが出来ました。
そのまとめた結果がNAVERまとめです。

よろしければ、足をお運びくださいw

あなたの旅では、何を見いだせましたか?

宗教感とはなんだろう?

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_religious_ideas_in_science_fiction

私達の世界には様々な物語が作成されています。

世界観を構成する土台に
神話や宗教における出来事が
色々と形を変えて語られております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99

私達は、様々な宗教感を受け入れる土台が有るはずです。
その上で、私達の宗教を自ら進んで見なおしてみてください。

良い所は見習いましょう。
悪い所は積極的に改めましょう。