投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

キリスト教とイスラム教の劇的な和解 JBpress引用

キリスト教とイスラム教の劇的な和解を演出する 実力ある日本が21世紀に果たすべきミッション | JBpress(日本ビジネスプレス) http://buff.ly/1J5HzDH
もちろん、ここに答えを準備しているわけではありません。しかし、テロを含めて動き始めてしまった21世紀の第2ディケードのグローバル社会で、キリスト教、イスラム教など一神教の対立をほぼ唯一免れている東アジア先進圏が未来に向けて果たすべき役割が間違いなくあるはずです。
 単にトレンドと言うのみならず、世界史的に必然の役割をもって、日本の社会経済がグローバル社会で建設的に発展していくことを、聖夜に祈らずにいられません。
 日本では12月24~25日を過ぎるとクリスマスは賞味期限切れで、年末商戦からお正月と模様替えしてしまいますが、本来の降誕節は日曜から土曜までの 週単位で、幾週にもわたって救済を待ち望み期待していくもの(「アドベント」と言います)です。
 幾週どころか、幾年もかかることは間違いない。でも、一神教文明の衝突を和解させる絵柄を日本が描き、グローバル社会で演出していくことは、間違いなく可能なシナリオの1つです。